第4回患者会交流集会開かれる

11月18日石川県地場産業振興センターにおいて第4回患者会交流集会がおこなわれました。前半は公開講座「がん医療の取材経験から患者会活動に期待すること」として永山悦子氏(毎日新聞編集委員)の講演がありました。がん治療の模索と葛藤、経済的な問題も含め様々な課題を抱えるがん患者と家族の実情が紹介され、医療者や自治体、支える人々との連携の広がりへの期待が述べられました。一人ひとりの暮らし・願いを尊重する支援の必要性を強調されました。

詳細はこちら

2017年度全職員研修会がおこなわれました

11月19日、石川県地場産業振興センター本館にて石川民医連2017年度全職員研修会がおこなわれ、職員・共同組織の方々400名余りの参加がありました。

野口実行委員長の開会あいさつのあと松浦県連会長よりあいさつがあり、「今こそ民医連運動を旺盛に」として石川民医連の創生と発展に力を尽くされた谷口尭男医師を紹介し、大いに地域の中に入り民医連運動への確信を深めようと話されました。つづいて東海北陸地協ジャンボリーを2018年9月に石川で開催することが青年ジャンボリー実行委員から、医学生奨学生確保に向けてパワーアップしたMovement2017が武石医師から紹介されました。

詳細はこちら

つながり活動推進を豊かに交流!共同組織活動交流集会

8月27日、石川県地場産業振興センターにおいて、健康友の会連合会・共同組織活動交流集会が行われ123名が参加しました。活動交流と討論を重視し、前半は分散会を3会場でおこない支部や班、サークルの活動、職場での取り組みが報告されました。後半の全体会では分散会の要旨報告のあと、秋の共同組織強化月間方針、城北病院新病院建設運動の到達紹介と提案がありました。

共同組織と職員の共同で活動が豊かに広がり、いきいきとした実践が各地ですすめられいます。今回の経験交流を力に秋の月間でもさらに活動を広げてゆくことが呼びかけられました。

 

 

石川民医連 業績集Vol.6 2015-2016 を発刊しました

石川民医連の医師をはじめとする多くの職員が日々の多忙な業務の中、様々な分野の学会・研究会での演題をまとめて発表し、また著作・執筆や講演活動を活発におこなっています。

石川民医連業績集は前身の石川勤労者医療協会医学雑誌から引き継ぎ、今回Vol.6として発刊することができました。くわしくは石川民医連事務局までお問合せください。

 

 

 

貧困と負担増で脅かされるいのち 手遅れ死亡事例記者会見

4月3日菜の花薬局3Fにて「経済的事由による手遅れ死亡事例調査結果の概要報告」と「介護酷書Part3 介護保険制度改定の影響調査より」の記者会見をおこないました。

全日本民医連での調査報告58事例のうち石川の2事例では①高い国保料を支払えず無保険状態で受診が遅れ死亡した肺がん患者(60代男性)②事業に失敗し各地を転々した生活。住所が定まらす無保険状態となり治療が遅れ死亡した大腸がんの患者(70代男性)を紹介。保険料や窓口負担が高く病院にかかれない事例は増えていると指摘しました。

介護の事例においても介護予防(要支援者)の保険はずし(総合事業への移行)や補足給付の厳格化での負担増で先行きの不安が強くなっているとの指摘もありました。

社会保障の削減ではなく国の責任によって社会保障をよりよく充実するよう変えていくことが求められています。

ようこそ、石川民医連のホームページへ

このホームページは、2015年9月1日にリニューアル公開しました。「石川民医連」に関する情報を随時掲載していきます。皆様の情報ソースとして、ご愛用いただければ幸いです。

  <書籍のご案内>